レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学のA.O.入試

レイクランド大学のA.O.入試

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

デジタルパンフレット

デジタルパンフレット

社会人向けオープンカレッジ

社会人向けオープンカレッジ

学生インタビュー

『『挑戦』×『成長』』

  • 安藤 磨優
  • Mayu Ando
  • Japan
  • 東京都青山学院高等部出身
  • 教養課程
  • ※プロフィールはインタビュー時のものです

 高校3年生の時、気がつくと大学受験に合格するためにただひたすら毎日勉強している自分がいました。だが次第に『なぜ自分は今勉強しなければいけないのか?』『なぜこの大学に入学したいのか?』と自問自答しはじめ、ついには将来の目標や勉強意欲を失ってしまいました。

 そんなある8月、偶然レイクランド大学ジャパン・キャンパス(LCJ)のウェブサイトを見つけ、興味を持った私は早速説明会に参加してみました。説明会に参加して分かったこと、それはLCJのカリキュラムが、自分が心の底からやりたいと思っていたことに完璧に一致していたということです。LCJでは英語“を”学ぶのではなく、英語“で”学ぶことができ、また専攻を選ぶ前に分野を問わず様々な科目を学ぶことが出来ます。そして何よりも、学生が海外留学をしなければ経験できないことを日本で経験できるという特色に魅了され、私はLCJ入学という人生最大の決断を下しました。

 実際、入学後のLCJでの生活は2つの点で驚くほどすばらしいものでした。まず、大学での授業は『勉強とは何なのか?』という私の概念を覆したのです。勉強、それはただ物事を暗記するのではなく、『なぜそうなるのか』と疑問を持って自ら探求すること、また一見関係ないと思われる事象の秘めたる関連性を見いだすことだと気づかせてもらいました。授業に加えて、LCJでは今まで出逢ったことのないような素晴らしい先生方、また貴重な友達に出逢うことが出来ます。日本の大学の典型的な教授とは違い、LCJの先生方は私たちがより質の高い教育を受けることが出来るように、寝る間も惜しんでいつも尽力してくださっています。また大学で出逢うことのできた友達とは『将来の目標を達成するために今やるべき勉強に一生懸命取り組む』という共通の目的意識を持ち、切磋琢磨しながら共に成長できるので、今ではかけがえのない仲間になっています。LCJの先生方、そして友達がいなければ、今まで何度もぶちあたってきた壁を乗り越えることは出来なかったと思います。

 新宿に位置する小さい大学。ほとんどの人が知らないようなほぼ無名の大学。ですが、そのようなことがどうでも良くなるくらい、LCJには快適で第二の家のような雰囲気、そして仲間とともに刺激しあい、洗練された教育を受けながら成長できる環境が整っています。また、LCJは異文化の融合の地である上に、『挑戦』と『成長』であふれた場所でもあります。LCJに入学すれば、時にはすべてを投げ出したくなるくらい多くの難題が待ち受けていると思います。ですが, それらを乗り越えれば自分がプラスの方向に成長することにつながり、やがて自分の将来の成功に必ず導いてくれるのです。最後に、このような素晴らしい大学に通う機会を与えてくれた両親に心から感謝したいと思います。

 In the last year of high school, I found myself packed into a cram school, studying to pass the entrance exam of a Japanese university. Then, I began to ask myself, “Why am I studying right now?” “Why do I want to enter this Japanese university?” I lost my goal, my direction, and my ambition to study at that time.

 In August, I found the website of Lakeland College Japan Campus (LCJ), and attended the information session by myself. The curriculum at LCJ turned out to correspond perfectly to what I really wanted to do. I could learn“in English,”instead of “learning English,” and I could take courses in a wide variety of fields before choosing a major. Also, I was attracted by another characteristic: I could experience in Japan what people experience in foreign universities because of the American curriculum and the large number of students from other countries. I made a huge decision to enter LCJ.

 Indeed, the school life at LCJ has amazed me in two basic ways. First of all, the learning in LCJ has given me a brand new idea of “what learning is all about?” It’s not about memorization, but about asking questions, especiallyuu“why?”questions, and seeking relationships between what may appear to be unrelated fields. Also, I was amazed by the people here. LCJ professors are all supportive, and passionately engaged in offering us the best education possible. The precious friends at LCJ are now my “companions” because I can share with them one common mind-set that we study hard and learn in order to achieve our own goals. Without those friends and the support of our professors, I would not have been able to overcome all the hardships that I have faced.

 Despite a small building and a name lacking fame, I now feel LCJ represents comfort, home, stimulation, and sophisticated education, all of which are produced by amazing LCJ staff and professors, and my precious friends. Also, LCJ represents not only the integrity of people from different countries, but the integrity of “challenge” and ”change.” The endless challenges I have faced in LCJ have led me to change myself for the better, and I expect they will lead me towards my own success in the future. Lastly, I would like to thank my parents who offered me this precious opportunity to study at LCJ.

*レイクランド大学の学生紹介を多数掲載したパンフレットを無料でお送りしています。
  ご希望の方は以下からお気軽にお申込ください。