レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学のA.O.入試

レイクランド大学のA.O.入試

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

デジタルパンフレット

デジタルパンフレット

社会人向けオープンカレッジ

社会人向けオープンカレッジ

今、なぜアメリカの大学へ?

では、逆にお聞きします。なぜ、日本の大学へ?

なぜ日本の大学を選ぶのか。 この問いに、はっきりとした理由がある方は日本の大学で学ぶべきだと思います。 日本がダメで、海外がイイ、と言っているのではありません。 学び方や学べる内容、学ぶ環境、学ぶ目的、卒業後の活躍の場など、海外の大学と日本の大学とで異なる点も多くあります。皆さんにとって本当に行きたい大学ってどこだろうと考えたときに、日本の大学が必ずしもベストとは言えないのではないでしょうか? 皆さんの進路の選択肢は海外にもあるのです。 そして、海外の大学には日本の大学では出来ないことがたくさんあります。

それは、勉学をするため

日本とアメリカの大学では、学び方や学べる内容、学ぶ環境、学ぶ目的、卒業後の活躍の場など、異なる点が多くあります。そのなかでも一番の違いは『学ぶ環境』にあります。課題やレポートなど授業以外に多くの勉強量が必要となるアメリカの大学には、学生たちは「勉学」のために大学へ入学します。アルバイトやサークルに大きな時間を割く日本の大学生とは、学生たちのゴールが異なります。アメリカの大学には世界中から「勉学」のために学生が集まり一緒に学んでいます。

それは、自立し生きていく力をつけるため

日本の教育では『覚える、記憶する』という勉強スタイルが主流ですが、アメリカの大学では『自分の気持ちや考えを論理的にまとめ表現する』という勉強スタイルに変わります。それは、なぜ大学で学ぶのかという目的が異なるから学び方も変わるのです。大学とは、これから社会に旅立ち、自立して生きていくために必要となる思考力・決断力・行動力を身につけるところです。いくらマニュアルを“憶え”ても、自分で考えて判断し、行動できなければ何もなりません。そのためアメリカの大学の授業では、自分で考えて発言し、自ら行動をとれるような学びのスタイルを実践しているのが特徴です。

それは、やりたいことを見つけるため

アメリカの大学では入学時に専攻分野を決める必要はありません。1~2年にあたる教養課程で文理を越えて様々な分野を学びながら、自分が究めたい専攻テーマを探し自由に選択し、3年次からは専攻分野中心の勉強をスタートします。同時に2つの専攻を学ぶ「ダブルメジャー」システムもアメリカでは一般的です。 やりたいことを見つけるために学ぶのも、アメリカの大学で学ぶ大きな目的です。

それは、プロフェッショナルになるため

日本の大学では20歳前後の学生がほとんどですが、アメリカの大学では学生の年齢、性別、国籍も様々。社会人も数多く学んでいます。アメリカでは社会人が転職を考えた時、大学や大学院で学ぶことが多いのです。つまりそれだけ実社会で役立つテーマが用意されているということです。専攻分野の豊富さは、日本の大学とは比べものにならないほど。専攻分野は900以上にも及びそれぞれ細分化されて社会で役立つ実践的な内容であることが特徴です。ホスピタリティマネージメントやアスレチックトレーニングなど、日本ではなかなか勉強できない分野もたくさんあります。

それは、人生を通して学ぶため

日本の大学では1年ごとに進む学年制で、4年間で大学を卒業するシステムが一般的です。アメリカの大学では、1月、4月、9月と各学期ごと1年に3回の入学チャンスがあり(セメスター制の場合)、卒業に必要な単位を取得すれば学期ごとに卒業のチャンスがあります。したがって、日本の大学のように学生みなが同じ時期に卒業するとは限りません。人生の中で、学びたいと思ったときはいつでも学べるのがアメリカの大学です。